【最短合格】AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強法


AWSのクラウドプラクティショナーに受験しようと思っているんだけどどうやって勉強したらいいんだろう

今回はこんな疑問に答えていきます。

☑本記事の内容
  • AWSクラウドプラクティショナーについて
  • AWSクラウドプラクティショナーの勉強法
  • AWSクラウドプラクティショナーの受験方法

今回は実際に私がやった勉強法を参考に紹介していきます。

AWSクラウドプラクティショナーはこれからAWSを学んでいくうえでかなり重要な資格ですので、ぜひ参考にしてみてください。

AWSクラウドプラクティショナーについて

AWSクラウドプラクティショナーについて

✔AWS
  • 概要
  • 受験対象者
  • 勉強時間

概要

実施形式 時間 料金 言語
クラウドプラクティショナー テストセンター 試験完了までに90分
  • 本試験:11,110円(税込)
  • 模擬試験:2,200円(税込)
日本語、英語、インドネシア語、韓国語、中国語

受験対象者

  • これからさらに高度なAWS資格を取得する予定の人
  • 今後AWSを扱えるようにしようと考えている人

クラウドプラクティショナーはAWSの基礎コース。

この資格だけでは転職・就職に有利になることはないが、今後さらにAWSに関しての知見を深めるならば必須。

また、AWSに触ったことがない人でも何を勉強したらいいか分からない場合の指針となる。

勉強時間

  • 実際に業務でAWSを扱っている人:30~50時間
  • AWS未経験の人:100時間ほど

実際にAWSを扱っている人は30~50時間ほど、AWS未経験の人は100時間ほどが必要。

1か月ほどの勉強で取得することが可能。

AWSクラウドプラクティショナーの勉強法

AWSクラウドプラクティショナーの勉強法

✔勉強法
  • 参考書での勉強
  • 実際にAWSを動かす
  • 公式YouTubeでの学習確認
  • 模擬試験

勉強方法はこちらの4つがおすすめです。

それぞれ紹介していきます。

参考書での勉強

  • 参考書での勉強が最も効率がいい
  • 1つ難易度が上の試験の参考書も効果的

参考書で勉強するのが最も効果的。

おすすめの2冊を紹介。

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー


基本的にこの1冊があればOK。

基礎から例題まであるので、クラウドプラクティショナー試験は全て網羅されている。

徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト教科書 徹底攻略シリーズ


今後さらに高度なAWS資格を取得する予定があるならこちら。

クラウドプラクティショナーの問題と被るところもあるので一石二鳥。

実際にAWSを動かす

  • AWS未経験の人は実際に動かしてみるのが重要
  • 1年間の無料枠があるので、お金をかけずにAWSを動かせる

実際に動かしてみて、理解を深めるのが重要。

1年間の無料枠が存在するので、無料でAWSを操作することが可能。

動かし方が分からない人は下記のUdemyの講座がおすすめ。

AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得

AWSクラウドプラクティショナーの勉強法

公式YouTubeでの学習確認

  • AWS公式チャンネルにて取得に向けての動画配信中
  • 2018/11/26の動画なので、参考にする程度でOK

模擬試験

  • お金はかかるが公式模擬試験も受験可能
  • 自信がある人は受けなくてもOK

基本的に受けるのがおすすめ。

ただ、自信がある場合はお金がかかってしまうのでスキップするのも1つの手。

AWSクラウドプラクティショナーの受験方法

AWSクラウドプラクティショナーの受験方法

✔受験方法
  • 申し込み方法
  • 受験当日

申し込み方法と受験当日の流れを簡単に説明します。

詳しくはAWS公式サイトも参考にしてください。

申し込み方法

  • Amazonアカウントを使用してAWS認定アカウントを作成する
  • 設定項目をすべて入力し、試験スケジュールを確認して申し込む

AmazonのアカウントよりAWS認定アカウントの作成が可能。

設定項目をすべて入力すると、受験可能に。

クラウドプラクティショナーの試験に関しては試験センターのみの受験。

受験当日

  • 最寄りの試験センターで受験する
  • パソコンを用いての回答

指定した試験センターに行き受験を開始する。

基本的には試験センターのパソコンを用いての受験となる。

まとめ

今回の記事についてまとめます。

ポイント
  • クラウドプラクティショナーはAWSを扱えるようになる上で重要な資格
  • 大体1か月ほどの勉強で合格可能
  • 参考書と実際に動かしての勉強が最も効率がいい

こんな感じです。

クラウドプラクティショナーはAWSを扱う上で重要なことを学べますのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です