Go言語入門① ~Windows環境構築・HelloWorld出力~

☑本記事の内容
  • Go言語の概要
  • Visual Studio Codeによる環境構築
  • HelloWorldの出力

Go言語の概要

Go言語の概要
引用元:Golang公式サイト

✔概要
  • Go言語とは?
  • Go言語の年収
  • Go言語で出来ること

Go言語とは?

  • Google開発のプログラミング言語
  • YouTube,メルカリ,ぐるなびで使用
Googleが開発プログラミング言語として話題に

最近ではYouTube,メルカリ,ぐるなびなどで使用され、需要も拡大。

Go言語の年収

  • 平均年収:600万円
  • 最高年収:1600万円
平均年収も高く、最高年収もかなり高い。

Pythonが平均年収:575万円、最高年収1499万円とGo言語の方が収入が上回った。

Go言語で出来ること

  • Webアプリの開発
  • スマートフォン向けアプリ開発
  • ドローン開発
主なものとしてこの3つに使用されている。

これ以外にも今後使用されていくだろう。

Visual Studio Codeによる環境構築

✔構築順番
  1. Visual Studio Codeのインストール
  2. Go言語のインストール
  3. Visual Studio CodeでGo言語の環境構築
今回はVisual Studio Code(以下VScode)を使用してGo言語を扱っていきます。

Visual Studio Codeのインストール

  1. 公式サイトよりVScodeをダウンロード
  2. ダウンロードしたexeファイルを実行
  3. インストーラでインストールを完了する
1.公式サイトよりVScodeをダウンロード

下記URLよりVScodeをダウンロードする。
https://code.visualstudio.com/download

画像の赤枠をクリックしてダウンロード開始。
Visual Studio Codeによる環境構築

2.ダウンロードしたexeファイルを実行
3.インストーラでインストールを完了する

基本的にインストーラの通りに実行すればOK。

インストールの際は画像の設定がおすすめ。
Visual Studio Codeによる環境構築

Go言語のインストール

  1. 公式サイトよりVScodeをダウンロード
  2. ダウンロードしたexeファイルを実行
  3. インストーラでインストールを完了する
1.公式サイトよりGo言語をダウンロード

下記URLよりGo言語をダウンロードする。
https://golang.org/dl/

画像の赤枠をクリックしてダウンロード開始。
Visual Studio Codeによる環境構築

2.ダウンロードしたmsiファイルを実行
3.インストーラでインストールを完了する

インストーラの通りにインストールすればOK。

Visual Studio CodeでGo言語の環境構築

  1. VScodeの拡張機能でGOを検索
  2. GOをインストール
  3. Ctrl+Shift+Pで検索ウィンドウを表示
  4. ウィンドウにGo:Install/update Toolsと入力し、選択
  5. 全て選択し、OK
1.VScodeの拡張機能でGOを検索

VScodeの左端の一番下の拡張機能を選択し、Goを検索する。

画像の赤枠が拡張機能
Visual Studio Codeによる環境構築

2.GOをインストール

検索したGOを選択し、インストールを実行
Visual Studio Codeによる環境構築

3.Ctrl+Shift+Pで検索ウィンドウを表示
4.ウィンドウにGo:Install/update Toolsと入力し、選択
5.全て選択し、OK

選択したupdate Toolsの項目にすべてチェックを入れ、インストールを行う。
Visual Studio Codeによる環境構築

HelloWorldの出力

  1. フォルダを作成し、VScodeで開く
  2. goファイルを作成する
  3. Hello World!を出力する
1.フォルダを作成し、VScodeで開く

任意のフォルダを作成。

ここでは「goproject」というフォルダを作成。

2.goファイルを作成する

「任意のファイル名.go」というファイルを作成する。

ここでは「lesson.go」というファイルを作成。

フォルダ横のアイコンをクリックすることでファイルの作成が可能。

HelloWorldの出力

3.Hello World!を出力する

ソースを入力し、VScode上部の「実行>デバックなしで実行」


package main

import "fmt"

func main() {
	fmt.Println("Hello World!")
}

出力結果
>Hello World!

Go言語入門②へ ≫

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です