【初心者向け】上位互換!TypeScriptの特徴を解説

TypeScriptについて知りたいんだけど、TypeScriptって一体何が出来るの?

今回の記事では「TypeScriptの特徴」について書いていきます。
それぞれ、下記のことについて触れていきます。

TypeScriptの特徴① TypeScriptってどんなプログラミング言語?

TypeScriptの特徴①
TypeScriptは2014年ごろにMicrosoftにて開発されたプログラミング言語です。

TypeScriptはJavaScriptを拡張して開発されたもので、現在Googleでも使用されています。

TypeScriptはJavaScriptではできなかったクラスの作成も出来るようになり、かなり自由度が高くなっていますので、現在伸びてきているプログラミング言語です。

TypeScriptの特徴② TypeScriptを学ぶメリット・デメリット

TypeScriptの特徴②
そんなJavaScriptを拡張して開発されたTypeScriptですが、扱う際のメリット・デメリットがあります。

メリット・デメリットもそれぞれ見ていきましょう。

デメリット

日本語の情報が少ない

TypeScriptは2014年に開発されたプログラミング言語でまだ開発されて日が浅い言語です。

そのため、まだ日本語での情報が少なく、学ぶ上でハードルが上がってしまいます。

ですが、その反面で覚えると他のエンジニアの方よりも優位に立てます。

構造が難しい

TypeScriptはJavaScriptを拡張させて開発された言語ですので、JavaScriptよりも構造が難しくなってしまっています。

ですので、初心者が学ぶ上では少しハードルが高くなってしまっています。

メリット

JavaScriptより短く読みやすいコードが書ける

TypeScriptはJavaScriptよりも短いコードで書くことができます。

その上、コードも読みやすいので、他の人が書いたコードでも理解が早まります。

短くコードを書けるということは開発する上でかなりのアドバンテージとなります。

JavaScriptとの互換性がある

TypeScriptはJavaScriptを拡張させて開発された言語ですので、JavaScriptで書かれているプログラムとの互換性があります。

そのため、現在Googleでも正式に採用され、JavaScriptで書かれていたものをTypeScriptに変換しています。

型を宣言するのでエラーを未然に防げる

クラスを作成できるようになったため、JavaScriptの時にはできなかったエラーを未然に防ぐということができます。

そのため、開発に際して、エラーを見つけるのが容易になりました。

TypeScriptの特徴③ TypeScriptで出来ること

TypeScriptで出来ることを紹介していきます。

Webサイト開発

TypeScriptの特徴③
TypeScriptはJavaScriptの上位互換ですので、JavaScriptが出来たことは大抵できます。

とくにJavaScriptはWebサイトの開発が主だったので、今後はTypeScriptが使用されたWebサイトが多くなってくるでしょう。

「Google」「Microsoft」などは正式にTypeScriptの採用を決めていますので、今後は需要も大きくなってきます。

Webアプリ開発


Webアプリの開発もJavaScriptで行われていたので、こちらもTypeScriptは作成できます。

ゲーム開発

あとはゲーム開発もすることができます。

TypeScriptでは世界的に有名なテトリスも開発できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はTypeScriptの特徴に関して書いていきました。

少し初心者にはハードルが高くなってしまいますが、TypeScriptはJavaScriptの上位互換ですので、今後さらに需要が上がってくるでしょう。

現在ではまだ、扱える人が少ないため扱えるようになると引く手数多となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
サカイザ
機械設計→技術営業→SEと転職し、
現在フリーランスエンジニア
北海道出身東京在住
現在、Go案件を受注中
扱えるスキルGo,GCP,Java,AWS,SQL,Python,PHP,etc...
合同会社エンブリオ 代表社員